2009年07月16日

着てヒンヤリ つけてそう快 まちかど7/16

今朝のまちかど情報室はこれからの猛暑にうってつけのアイデアグッズの紹介でした。
体の中で比較的太い動脈が通っている箇所を冷やすと、血の巡りによって
体全体に涼しさが行き渡るそうです。
そんな訳で「身につけることで逆に涼しくなれるというグッズが色々登場している」
のテーマで涼しくなれるアイデアグッズが紹介されました。

首筋を冷やすネックタオル

製品名                 ケイタイエアコン123ハイブリッド

吾妻アナが紹介しました。
彼が襟元に何かを付けています。これは首筋を冷やしてくれるネックタオルです。
冷やし方は、専用の冷却スプレーでタオルの中に入っている管に液化ガズを注入します。
するとガスの冷気がタオルの中のケースに蓄えられて徐々にしみ出してきて
首筋がヒンヤリし続けると言う仕組みです。
ケースの表面温度は10℃から20℃程で、この状態がおよそ15分続きます。
効果が薄れ来たら再び液化ガスを注入します。
「首を冷やすだけで随分涼しくなりますね〜」と吾妻アナは言います。

59.jpg

関連サイト(楽天)  →  ケイタイエアコン123ハイブリッド

***************************************************************

保冷剤入りのアームカバー

製品名                ひやっとアームカバー

会社員の青木香奈子さんが愛用しているアイデアグッズです。
自転車に乗るときに腕が日焼けしない様にアームカバーを付けていますが
「付けていたらだんだん汗でくっついて来て蒸れてきます」と青木さん。
そこで使い始めたのがこのアームカバーです。
手首のポケットに保冷剤が入っています。
その保冷剤は2種類有って、1つは0℃で凍る保冷剤、もう1つは
20℃以下に温度を保ち続ける特殊な物です。
この2つを組み合わせる事で、肌にも優しいヒンヤリした感触がおよそ1時間半続きます。
「手首を冷やしているのですが、全体に涼しい感じがします」と青木さんは言います。

60.jpg

関連サイト(楽天)  →   ひやっとアームカバー

関連サイト(アマゾン)   →  ひやっとアームカバー

***************************************************************

保冷剤入りのスーツ

製品名                 新アイススーツ

特殊な保冷剤を使って体を冷やしてくれる服です。
営業で外回りをする事が多い会社員の高見茂秀さんが愛用しているスーツです。
営業の仕事ですから夏でもスーツは欠かせません。
でもこのスーツなら汗をかくことが少ないそうです。
両脇下の専用ポケットに、最近開発された保冷剤が入っています。
スーツを着た状態で前を広げて特殊なカメラで見てみると、体の表面温度が
31℃なのに対して、保冷パックが有る部分は24℃前後で、この温度が1時間ほど保たれます。
この保冷剤は消防隊員を猛烈な熱から守る防火服にも全国的にで使われています。
又、この保冷剤は冷凍庫では無くて冷蔵庫で冷やせば良いので固く凍る事も有りません。
その為にスーツにフィットして動きを妨げることも少ないそうです。
「地下鉄に乗ったりすると、通常では上着を脱ぎたくなりますが、
逆に着用したままで快適に過ごしています」と高見さんは言います。

問い合わせ先            はるやま商事株式会社
(サイト内を探しましたが見つける事が出来ませんでした)

電話                      086-226-7111

posted by おせっかいさん at 08:29 | 保冷剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。