2014年09月17日

まちかど情報室 9月17日:読書の秋 楽しもう

2014年9月17日のまちかど情報室は
「秋の夜長、読書をより楽しむユニークなアイデアです」と題して、
読書のアイデアグッズが紹介されました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1.インテリアになる本のしおり

製品名:SEE OH! Ribbon
問い合わせ先:(有)セメントプロデュースデザイン
電話:06−6459−0368
アマゾン:SEE OH! Ribbon

■まちかど情報室放送内での商品説明■
●本の栞で、本に挟んでリボンが外に飾りとして見える
●リボンの産地で有名な福井県のメーカーが大阪のデザイン会社と一緒にアイデアを考えた
●作り方は、リボン生地に動物などの形をレーザーカットする
●栞以外に、瓶の口元に飾り付けたりカバンのアクセサリーなどとして利用している

2026.jpg

アマゾン:SEE OH! Ribbon

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2.風呂で本が読める防水カバー

製品名:YOU-BUMI ユウブミ
問い合わせ先:ジェリーコールデザイン
メール:info@jerrycole-design.com
アマゾン:YOU-BUMI ユウブミ

■まちかど情報室放送内での商品説明■
●風呂でくつろぎながら読書をしたい時に便利な読書用防水カバー
●本にプラスチックの板をかぶせて本を固定する
●上記のものを透明の袋の中に入れ、ファスナーを閉めボタンを留めれば水が入らない
●上記のものに空気を入れて膨らませ、湯の上に浮く様にする
●空気が入っているのでページをめくるスペースができ、下に指サックがあり、
   先端に滑り止めがついているのでページがめくりやすい
●文庫本からハードカバーまでいろんなサイズの本に対応している
●男性が開発したもので、風呂の中で読書用の台を使っていたが、
   本が湿気でヨレヨレになるので考えた


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

3.本に取り付ける小さなフック

製品名:Pyloneer P-hook
問い合わせ先:Pyloneer(パイロニア)
メール:info@pyloneer.com

■まちかど情報室放送内での商品説明■
●本棚に本を立てる時、たくさん立ててギュウギュウになると出す時に困る
●上記の悩みを解消するフックで、本に挟んでおけば指を引っかけて取り出すのに便利
●いろんな色があるので、ジャンルや使う頻度によって色分けできる

2027.jpg
NEW

●当サイトで明示しています商品名は番組中の映像とNHK、おはよう日本のHP内の
 まちかど情報室の問い合わせ先のサイトから推測しています。
●サイト内で紹介しています内容は放送日時点でのものです。
●製品の購入、サービスの検討にはそれぞれの特性や使用上の制限、契約内容を
 メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
posted by おせっかいさん at 07:32 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

“本” 快適にラクラク 5-21

先日の土曜日は親戚が久しぶりに我が家に泊まることになり、慌てて布団を干しました。
ところが、取り込もうとして唖然としてしまいました。
掛け布団に鳥の糞がべったりと付いているからです。本当に泣けてきました。
思えば、軒下の洗濯竿に干したのが間違いでした。
以前にも一度、洗濯物を汚されて困った事が有りました。
その時は洗い直しがきいたので良かったのですが、今回は布団が駄目になってしまいました。
本当に情けないです。二度とこの様な失敗はしません。
ところで、2013年5月21日のまちかど情報室は
「手軽に読書を楽しんだり、電子図書を楽しめるアイデアです」と題して、
読書のアイデアグッズが紹介されました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.読みたいページだけを照らすLEDの読書灯

製品名:ライトウェッジ2.0
問い合わせ先:センチュリー白箱.com
電話:03−5818−3582
楽天:★ライトウェッジ2.0★
アマゾン:ライトウェッジ2.0

■放送内での商品説明■
●暗い所で本を読む時に明かりをつけると周りに迷惑する
●上記の悩みを解消するアイデアグッズて透明のアクリル製の読書灯
●本の読みたいページや部分にこれを当てて、右手でスイッチを入れるとその部分だけが光る
● LED ライトをが付いていて透明のアクリルボードを通してその部分だけ光る
● USB で充電しておけば15時間使い続けることが可能




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2.読みたいページを押さえるアクリル製の透明おもり

製品名:Book on Book 2013
問い合わせ先:TENT (株式会社テント)
電話:050−3554−2177
※5月発送分は予約分も含め、売り切れ中です。現在は、6月中旬入荷分の予約購入になります

■放送内での商品説明■
●本を開いて、他の事をしようとして手を離すと本が閉じてしまう
●上記の悩みを解消するアイデアグッズで、透明の厚手のアクリル製で重さは220g は有る
●横から見ると鳥の羽根の様な形をしていて、重さと形で本を閉じない様に押える
●料理中にレシピ本を見たり、勉強中に教科書や辞書を押えて使うと便利


1231.jpg


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3.タブレット端末を固定できるクッション

製品名:タブレットクッション・ゴロン
問い合わせ先:株式会社三陽プレシジョン
電話:03−3491−2811
楽天(品切れ):タブレットクッション・ゴロン
※現在品切れです。上記の問い合わせ先のWEBで申し込めば入荷情報が入手可能です。

■放送内での商品説明■
●最近はタブレット端末で電子辞書を読む人が増えて来たが、
   ずっと手で持っていると手が疲れたり体自体が疲れる
●上記の悩みを解消するアイデアグッズでクッションとタブレット端末を固定するパーツが有る
●ソファーにそのまま持って行って、クッションの部分を背もたれにすると楽な姿勢で読める
●タブレット端末の角度を変えたり縦横も自由に変えられる
●クッションを枕にして横になって読むことも可能で、左に寝返りを打って読むことも可能
●このグッズには無いが、スピーカーで音楽が流れたり、マッサージができれば
   更に良いという要望が有る


1232.jpg



楽天ジャンル別 最新 売れ筋ランキング

ブログトップへ


●当サイトで明示しています商品名は番組中の映像とNHK、おはよう日本のHP内の
 まちかど情報室の問い合わせ先のサイトから推測しています。
●サイト内で紹介しています内容は放送日時点でのものです。
●製品の購入、サービスの検討にはそれぞれの特性や使用上の制限、契約内容を
 メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
 
posted by おせっかいさん at 17:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

読書の秋に役立ちます

季節は間違い無く秋ですが、今年の秋はいつもの秋と違うような気がします。
これもあの猛暑のせいかも知れません。
いつもの年ならば、虫の音を聞きながら、読書にいそしんでいる頃ですが、
私自身の気持ちの整理がついていないのか、
それとも例年の秋では無いと無意識のうちに感じているせいなのか
読書にいそしむ雰囲気にはなかなかなれません。
ところで、2010年9月29日のまちかど情報室は
「薄暗い場所やふとんの上など、様々な状況での読書に役立つグッズが登場している」
と題して読書に関するのアイデアグッズが紹介されました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.しおりの形をした読書灯

製品名:FLAT LIGHT
問い合わせ先:ランドポート株式会社
電話:03-3255-8388
楽天:FLAT LIGHT
アマゾン:FLAT LIGHT

■放送内での商品説明■
ちょっとおしゃれな喫茶店。落ち着いた照明でムードが有りますが、
本を読むには少し暗い、そんなことが有ります。
喫茶店でよく読書をすると言う肥沼さんがいつも持ち歩いているのがこのグッズです。
このグッズは先端にL LED が内蔵されている読書灯です。
しおりの形をしているので本に挟んで持ち歩けます。
手元だけを照らすことが出来、周囲のお客さんの迷惑にはなりません。
このライトは自由自在に曲げることが出来ます。
ですからしおりの様に本に挟んで使っても良いですし、
テーブルの上に立てて置く事も出来ます。
肥沼さんのコメントです、「ものすごく軽くてこんなに小さいですから、
何処でも入りますのでムードの良いお店で自分だけの読書をしたい時にとても助かっています」。

650.jpg

楽天:FLAT LIGHT
アマゾン:FLAT LIGHT

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2.眼鏡の上からかけられるルーペ

製品名:ハズキルーペ
問い合わせ先:プリヴェAG株式会社
電話:03-6230-0152
楽天:ハズキルーペ
アマゾン:ハズキルーペ

■放送内での商品説明■
60代半ばからシニアグラスを掛け始めた山口さんは、
はっきりと見えるようになりましたが字が小さくなるのが悩みでした。
手で持つループでは見える範囲が狭く不便を感じます。
そこで使い始めたのが、眼鏡の上からかけることが出来るこのルーペです。
目元に近い為、通常のループに比べて見える範囲が広いのですが文字は殆ど歪んでいません。
その秘密はレンズに有ります。
曲面の形を工夫する事でどの部分を通しても同じように見えるように作られています
両手があくのでページをめくるのも簡単なので煩わしさが無くなったそうです。
山口さんのコメントです、「本大好き人間ですからものすごく嬉しいです。
視野が広くて焦点がピタッと合っていいなと思いましたね」。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3.寝転がって本を読むときのための枕

製品名:本を読む枕
問い合わせ先:株式会社エムール
電話:042-686-0173
楽天:本を読む枕

■放送内での商品説明■
吾妻アナが紹介しました。寝転がりながら読書する時に役立つグッズです。
横を向いて本を読むと、腕が疲れます。
かと言ってうつ伏せになると体を支える肘が痛くなります。
そんな時に便利なのがこの枕です。この枕は折り畳んで使います。
一段高くなった場所に本を乗せ手首を固定出来るので腕が疲れにくいのです。
更に枕を縦に置くと、肘だけでなくお腹やアゴでも体を支えるので肘にかかる圧力が軽減されます。
通常の枕の場合には肘に大きな圧力がかかりますが、
このグッズを使うと、肘にかかる圧力はおよそ3分の1になります。
吾妻アナのコメントです、「これを使えば楽に本が読めますよね」。
この枕は寝具メーカーの企画担当者が夜、
本を読む時に腕が疲れて困るという事で思いついたそうです。
ビジネス書などの重い本を読む30代から40代の男性が購入するケースが多いそうです。






posted by おせっかいさん at 22:53 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

ますます読みたくなります

今は読書週間です。秋の夜長に読書が最適の季節になりました。
そんな訳で今朝のまちかど情報室は「読書をするのに役立つグッズやサービスがいろいろ登場している」
のテーマで読書に関するアイデアグッズやアイデアサービスが紹介されました。


本だけを照らすブックライト

製品名:マイティ ブライト
問い合わせ先:MAPS,Inc(快読ショップYomupara)
電話:03-5684-2823(平日10:00〜19:00)

問い合わせ先:有限会社アーテック
電話:045-984-5602(平日9:00〜18:00)
楽天:マイティ ブライト
アマゾン:マイティ ブライト

地図を作る会社を経営している高山さんの楽しみは寝る前の読書ですが、
枕元の灯りが隣で寝ている人の邪魔になってしまって困っていました。
そこで高山さんが使い始めた読書灯が有ります。
わずかに90gの軽さで、本にクリップで留めます。
あとは本の大きさに合わせてアームの長さや角度を決めます。
ライトを覆うレンズが四角い為に本以外の部分は照らしません。
寝返りをしても照明が離れないので灯りが回りに漏れることは有りません。
高山さんのコメントです、「どっちを向いてもちゃんと当ててくれるので、隣で寝ている人は
全然気にならないと思います」。

************************************************
本をスキャンすると音声で読み上げてくれるシステム

製品名:Plustek BookReader V100
問い合わせ先:株式会社オーグ
電話:03-5830-0905
楽天:Plustek BookReader V100
アマゾン:Plustek BookReader V100

介護サービスの会社を経営する池田さんは、若い頃に病気で視力を失い、
長い間点字に頼って来ましたが、仕事に必要な本をすぐに読めれば良いと思っていました。
そんな願いを叶えてくれた機械があります。
読みたい本をスキャナーで読み込むと、書かれている文字がパソコンに表示され、
その文字を読み上げてくれるシステムなのです。
これまでも公共の施設には有りましたが高価でした。
最近は価格が下がり個人でも利用出来る様になりました。
池田さんのコメントです、「誰の手も借りないで本が読めると言うのは、本当に読書の革命です」。
このシステムは小さい文字が読みづらくなったお年寄りにも利用されています。

************************************************
読んだ本の記録に役立つインターネットのサイト

サービス名:読書メーター
問い合わせ先:赤星琢哉さん
電話:080-3708-8881

1ヶ月に10冊ほど本を読む荻野さんが利用しているサービスです。
読んだ本の記録に利用しているのがインターネットのサイトです。
本を読み終わった日付や感想を打ち込むと、読んだ順番に表紙を並べてくれたり、
読破したページ数や冊数をグラフに示したりしてくれます。
荻野さんのコメントです、「グラフが平らになっていると悔しいです。これはまずい、
読書しようと言う気持ちをかき立てられます」。
更に、他の人の読書量も参照出来るので自分のペースを客観的に知る事が出来ます。
書き込まれる感想も次ぎに読む本の参考になります。
「色んな人がどんな本を読んでいるのが分かるのが楽しみです」と荻野さん。
このサイトのユーザーは3万5千人程で、どんな本が読まれているか?や、
読みたい本のランキング見られるそうです。

61.jpg


posted by おせっかいさん at 08:41 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

いつでもどこでも“読書”楽しめます

今朝のまちかど情報室は
「トイレや風呂、暗い場所でも読書を楽しめるグッズやサービスが登場している」
と言うテーマで読書に関するアイデアグッズやサービスが紹介されました。

1.ホラー小説が印刷されたトイレットペーパー
      製品名:トイレで読む体感ホラー ドロップ
    購入サイト(楽天): トイレで読む体感ホラー ドロップ

2.風呂で本を読むためのブックカバーと枕
     製品名:@湯舟読書A湯舟枕
     購入サイト(楽天):湯舟読書・湯舟枕
     購入サイト(アマゾン):湯舟読書・湯舟枕

3.音声で“読書”できるサービス


7月27日よりブログ容量の関係で移転いたしました。
詳細はこちらからどうぞ
(7月27日以前の情報はこのブログでどうぞ)


posted by おせっかいさん at 08:23 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。