2015年03月25日

まちかど情報室 3月25日:紙にひと工夫

2015年3月25日のまちかど情報室は
「紙を使ったユニークなアイデアです」と題して
アイデアグッズが紹介されました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1.紙でできたジュエリー

製品名:Paper Jewelry
問い合わせ先:ビバーチェ
電話:098−887−6600

■まちかど情報室放送内での商品説明■
●金属アレルギーの女性デザイナーんが考えた、アクリル樹脂を混ぜた
   紙でできたジュエリー
●予め切り込みが有り、それに沿ってカットして使う
●濡れても破れにくいので、繰り返し使うことが可能
●厚さは1mmで重さ4gと軽いので首が疲れない


2397.jpg


続きを読む
posted by おせっかいさん at 08:04 | 和紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

まちかど情報室 1月15日:和紙で作りました

2015年1月15日のまちかど情報室は
「世界遺産に登録された「和紙」。軽くて丈夫な特徴を生かしたアイデアをお伝えします」
と題してアイデアグッズが紹介されました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1.和紙を使った畳

製品名:大建工業 インテリア畳
問い合わせ先:大建工業株式会社 お客様センター
電話:0120−787−505

■まちかど情報室放送内での商品説明■
●岡山県の工場で作られている和紙を原料にした畳表
●機械ですいた和紙を撚っ「こより」にし、樹脂でコーティング加工をして
   イグサの様な物にする
●上記のものを機械で織り上げて和紙の畳表を作る
●「こより」の様な物は中に空洞が有ってクッション性にもすぐれている
●この畳の特徴は、色あせが少なく、手入れがし易く軽い
●ハート形や丸い形なども有り、ラグマットとしても使える



続きを読む
posted by おせっかいさん at 07:36 | 和紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

和紙で肌を守ります

紙は実に素晴らしい素材だと思います。色んな場面、方面で利用され素晴らしい機能を発揮しています。
現在の世の中に無くてはならない物だと思います。
紙は、水分は通さないけれど通気性が良い事が特徴で、その事で肌に良い製品が作られるそうです。
そんな訳で今朝のまちかど情報室は「福井県で作られる和紙を使った、肌の手入れに効果的な
製品がいろいろ登場している」のテーマで和紙に関するアイデアグッズが紹介されました。


顔の汚れを取る和紙◆

製品名:紙洗顔
問い合わせ先:株式会社イシダ美容研究所
電話:0120-395-111
購入先: 紙洗顔


福井県越前市の越前和紙は1500年の歴史が有ると言われ、高い加工技術が有ります。
その技術を活かして美肌を保つ為の製品が開発されています。
カルチャースクールに勤めている寺本さんは、一日中人と接する為に化粧直しが欠かせませんので、
その為に最近、和紙を使い始めました。
肌に当てて撫でると、油は勿論の事、くすみの原因となるほこりも取れます。
しかもメークは殆ど落ちません。汚れが取れるけど油取り紙とはちょっと違った感じがするそうです。
秘密は繊維の構造にあります。
和紙特有の目の粗い繊維が化粧の上に付いた汚れだけをからめ取ります。
この和紙のもう一つの特徴が、0.05mmと言う薄さで、
ベテラン職人達の高い技術が和紙を作り出しました。
この薄さが顔を撫でる指の繊細な動きを肌に伝える所が良いそうです。寺本さんのコメントです、
「顔が軽くなったり、顔が明るくなったのでスッキリした感じになります」。









************************************************
和紙を織りこんだ垢すりタオル

製品名:からだ洗いタオル
問い合わせ先:株式会社 東野東吉織物
電話:0779-88-0317

絹に和紙が織り込まれたタオルです。絹の繊維は角張っているので垢をこすり取るのに適しています。
しかし、絹だけでは石鹸の泡立ちが悪く肌を痛めやすいのが難点でした。
その課題を解消したのが、和紙が持つ高い吸水性です。
糸にした和紙を絹に織り込む事でタオルが水を含みやすくなり石鹸の泡立ちが良くなりました。
肌に優しい垢すりタオルは福井の新たな土産物として注目されています。

76.jpg

************************************************
内側が和紙で出来ている犬の服

製品名:ワンコノイエ犬服
問い合わせ先:株式会社コネクト.エス
電話:0776-22-6308

主婦の南川さんが飼っている犬のロッキーはアレルギー体質で肌はいつも荒れがちです。
蚤やダニから犬を守るために服を着せるのが効果的ですがロッキーは服を着ることを嫌がっていました。
そこで、内側が和紙で出来ている服を試してみました。
和紙には湿度を調整する働きが有るので蒸れる事が少ないのです。
この服にしてからは進んで着るそうです。
南川さんのコメントです、「しょっちゅう掻いていたのが、着ることによってかゆみがおさまったと思います」。

77.jpg


posted by おせっかいさん at 08:19 | 和紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。