2014年04月01日

和の装いで楽しみます 4-2

2014年4月2日のまちかど情報室は
「春爛漫。和を生かした装いで、お出かけが楽しくなります」と題して、
和装のアイデアグッズが紹介されました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1.風呂敷をバッグにできる持ち手

製品名:ふろしきハンド
問い合わせ先:株式会社ウオーク社
電話:0823−38−0603
アマゾン:ふろしきハンド

■まちかど情報室放送内での商品説明■
●風呂敷をバッグに使って楽しむ持ち手
●風呂敷を2つ折りし、両端をリングに引っかけてしっかり留めると立派なバッグになる
●風呂敷なので軽くて収納力が抜群でいろんな物が入り便利
●これを作ったのは広島県の男性で元々は製鉄会社に勤めていた
●奥様の為にこれを作ったが、需要があるので、会社を脱サラした


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2.日本伝統の絵の具を使ったマニキュア
製品名:胡粉ネイル
問い合わせ先:上羽絵惣株式会社
電話:075−351−0693
アマゾン:胡粉ネイル

■まちかど情報室放送内での商品説明■
●胡粉を材料にして顔料を混ぜた、日本画などに使われていた絵の具を使ったマニキュア
●有機溶剤が入っていないので刺激臭が無く子供にも安心
●落とす時は市販のアルコール消毒液で落ちる
●色が豊富
●日常生活を送っている分には、特に強い刺激を与えない限り落ちない


1763.jpg

アマゾン:胡粉ネイル

NEW

●当サイトで明示しています商品名は番組中の映像とNHK、おはよう日本のHP内の
 まちかど情報室の問い合わせ先のサイトから推測しています。
●サイト内で紹介しています内容は放送日時点でのものです。
●製品の購入、サービスの検討にはそれぞれの特性や使用上の制限、契約内容を
 メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
posted by おせっかいさん at 08:35 | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

楽しさいろいろ日本の”布”8-29

最近は、時間がたつのをとても早く感じます。
年を重ねれば重ねる程時間がたつことが早く感じると言われますが、正にその通りです。
昨日の日曜日も家族が集まってとても楽しい1日でした。楽しみは特に早く過ぎてしまいますね。
ところで、2011年8月29日のまちかど情報室は
「手ぬぐいや風呂敷など和の布。ユニークなデザインや活用法をお伝えします」と題して、
手ぬぐいや風呂敷など和の布を、面白く使うアイデアグッズが紹介されました。

尚、5時台のまちかど情報室は7月12日の「育児応援 ユニークグッズ」の再放送でした。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.折り紙のように楽しめる風呂敷

製品名:折り紙ふろしき
問い合わせ先:むす美(山田繊維株式会社)
電話:0120−243−226
楽天:折り紙ふろしき
アマゾン:折り紙ふろしき

■放送内での商品説明■


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2.絵本として楽しめる手ぬぐい

製品名:手ぬぐい本
問い合わせ先:株式会社ケイス 濱文様
電話:045−847−2431
楽天:★手ぬぐい本★

■放送内での商品説明■



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3.風呂敷を2枚重ねて包み方を楽しむアイデア

製品名:結十布
問い合わせ先:染織ユトリ

■放送内での商品説明■


40.jpg





posted by おせっかいさん at 06:15 | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

“ちょっと和風”がウケてます

最近は日本の伝統を取り入れた小物が登場して人気が集まっていすそうです。
そこで、今朝のまちかど情報室は「“ちょっと和風”がウケてます」
と題して和風のアイデアグッズが紹介されました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.友禅染をあしらった名刺

製品名:和札
問い合わせ先:株式会社のぞみ 和札プロジェクト
電話:075-254-0789

京都市にある高校の校長の大野さんと名刺交換をしました。
校長の名刺の裏には着物の柄が印刷されています。
これは京都の伝統的な友禅染のデザインです。
他の先生の名刺は花をあしらった落ち着いた柄、
また他の先生の名刺は畳んだ扇子を並べたデザインです。
艶やかに彩られたこれらの名刺は京都の企画会社が始めたサービスです。
使われている柄は友禅染の6つの工房で実際に作られている着物と同じ物で、
それをカメラで撮影して名刺にプリントしています。
インターネットで注文が出来て、およそ120種類の中から好みの柄を選ぶ事が出来ます。
高校では京都の学校である事を印象づける為に教職員全員で利用しています。
校長先生のコメントです、「名刺は結構何処かで処分されてしまいますが、これだと印象にも残るし、
名刺を取って置いて頂ける事が嬉しいです」。

171.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2.着物を模したボトルウェア

製品名:着物ボトルウェア
問い合わせ先:和の蔵
電話:03-5493-1673

吾妻アナが持っている小さな着物はワインボトルに着せる物です。
ボトルにこの着物をかぶせると、振り袖姿の女性の様に可愛らしくなります。
帯も様々な糸を使うなど本物そっくりに作られています。
他には侍の形をしたもので腰には小さな刀が付いています。
このボトルウェアーは海外旅行が好きな女性が
外国人にお土産として渡す為に考え出したそうです。
これを外国人にプレゼントすればとても喜んで貰える事は間違い無いでしょう。

172.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3.漆塗りの付け爪

製品名:JAPANAIL(ジャパネイル)
問い合わせ先:有限会社 ライフ・アート
電話:0120-375-815
楽天:JAPANAIL(ジャパネイル)

塾講師の森本さんが身につけている和風の小物は、漆を塗った付け爪です。
京都の漆職人が伝統的な蒔絵の技法で描き上げた物です。
24色の鮮やかな色彩と漆ならではの美しい艶を楽しむ事が出来ます。
爪にはテープで止めるので簡単に着脱が出来ます。
森本さんはその日のファッションに合わせて爪を付け替えていますが、
正月には松をイメージした緑を、着物の時には古風な褐色をコーディネートしています。
森本さんのコメントです、「ジュエリー感覚で身につけられると言うか、
指先に本物をまとえる事は、何処に出かけるのも楽しいです」。
これは、日本の代表的な伝統工芸の漆に若い人にも
親しんで貰いたいの思いで考え出された物で、
企画した会社では海外に日本文化をアピールするファッションとして広めたいとの事です。


170.jpg

posted by おせっかいさん at 09:19 | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。