2010年01月25日

冬でも植物楽しめます

今朝のまちかど情報室は「室内で植物の観賞や栽培を楽しめる製品がいろいろ登場している」
と題して室内植物のアイデアグッズが紹介されました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.部屋の中で野菜を育てる装置

製品名:リビングベジスタ
問い合:株式会社MRT
電話:072-992-5452

自宅の庭で家庭菜園を楽しむ主婦の福田さんですが、
天候に左右されたり虫に食われたりと悩んでいました。
そこで使い始めたのが、電子レンジの様な形をしたこのグッズです。
この製品は季節を選ばず、殆ど手間も掛けずにミニ野菜を育てられる物です。
中に入れるのは水と液体肥料だけです。
そして蛍光灯が自動で点灯と消灯を繰り返し、温度も栽培に適した範囲に調節してくれます。
そして、最大の特徴は機械の中に自然と同じような空気の流れを再現している事です。
仕組みは、沢山の穴が明いていてその穴から吸い込まれて隅々まで空気が行き渡り、
野菜全体にそよ風が当たる事で成長が促進されて丈夫な野菜が育ちます。
そしておよそ3週間で小松菜とミニレタスが収穫出来ました。
福田さんのコメントです、「新鮮で美味しいお野菜が食卓で採れる事が良いです。
ちょっと植物を観賞す様な感じで眺めることもいいですね」。

197.jpg


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2.梅の炭が練りこまれた紙のプランター

製品名:ペーパープランター
問い合わせ先:株式会社マイファーム
電話:075-708-2105
楽天:ペーパープランター
アマゾン:ペーパープランター

吾妻アナが紹介しましたが、会社の自席でちょっとした緑を育てられるグッズがあります。
小さなスティックですが、これは古紙で出来たプランターなのです。
水で湿らせてハーブの種を蒔き、およそ1週間後に一気に芽が出てきます。
根腐れさせずに2ヶ月ほどこの状態を楽しむ事が出来ます。
秘密は、産業廃棄物として大量に出される
梅干しの種を墨にして、練り込んで使われているところです。
梅の墨は水を腐りにくくする抗菌作用に優れていると言われています。
その為にハーブが元気な状態を長く保つ事ができます。
吾妻アナのコメントです、「殺風景になりがちな机の回りにこんな緑が有るとなんだかホッとしますね」。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3.廃棄される古本を再利用した鉢

製品名:HONBACHI/本鉢
問い合わせ先:株式会社東京ピストル
電話:03-6661-3096

広告代理店に勤める石橋さんが普段読む本は殆どがマンガですが、
この日は文学に挑戦、と思ったら植物を観賞していました。
これは本の形をした植木鉢です。
古くなって廃棄される事になった書物を植木鉢として再利用されたものです。
購入するのはインターネットのサイトで、好きな本と植物を選ぶ事が出来ます。
これはお洒落なインテリアとして使えます。
長くは使えませんが通気性も良く、根の生育に適しているそうです。
石橋さんのコメントです、「本を鉢にすると言う発想が面白いと思います。
本が朽ちていく行く様もすごく味わい深いとおもいます」。

199.jpg

posted by おせっかいさん at 08:33 | 栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。